So-net無料ブログ作成

ブルネイ敬老会メンバー、ホーチミン・珍道中報告 [各同好会からのお知らせ]

ブルネイ敬老会のメンバー3名(誰かな?、ご想像にお任せします。(笑))が、去る4月6日~8日にベトナム・ホーチミン市を訪れ、珍事たっぷりの小旅行を楽しんで来ました。

とにかく、普通では味わえない珍事の連発に、私は、笑い転げていましたが、ちょっと間違えると大変危険な状況も考えられただけに、今でこそ、笑い事とご理解くださいね。

珍事 ①

ブルネイから、シンガポールを経由して、ホーチミン空港へ降りました。異常に大きい、ベトナムの国旗が印象的・・・・・そして、使い物にならなくなった飛行機(軍用機だけでなく、商用機も・・・)が、飛行場内に置きっぱなし・・・・・(愕)

そして、機内に流れてきた室内放送が、あやしい音色・・・・・私だけが、そう感じたのか?と思ったら、連れの方々も同じ印象をお持ちでしたので、間違いないでしょう!

とても、機内で流すような音楽ではなく、「葬送」を感じるようなメロディーに唖然でした。

珍事 ②

ホテルにチェックインすると、まず、ホーチミン最大のマーケットのペンタイン市場へ・・・・・

まぁ、その規模の大きさには圧倒されますが、売られているものは、安いものが多く、値切るのを楽しむマーケットかな?

早速、値切りをお楽しみにされていたAさんは、値切り交渉へ・・・・・・

真剣なやり取りが窺える?(笑)

CIMG1123.JPG

しかし・・・・・

この後に、今回の最大のピンチが訪れました!

ペンタイン市場から、ホテルに帰ろうとメーターのあることを確認したタクシーに乗ったのですが、こいつが悪者でした!

ホテルに向かう途中に、エンジンが止まり、動けなくなりました。友達のタクシーが来ているからと言って、別のタクシーに乗り換えさせられたのですが、こいつが悪徳タクシー・・・・・・

メーターは、ぐるぐる上がり、10倍以上に・・・・・ホテルに近づいた頃、「降ろせ」というと、電磁ロックで、窓も扉も、開けられないようにして、私の財布から、現金を横取りしようとしたり、脅されたり・・・・・・

ポリスを呼ぶぞ!とか、言ってこちらも脅したのですが、お構いなし!そして、「エンバシーを呼ぶ!」と言った言葉が、気になったのか?後ろの扉を開けて、Nさんが脱出、Aさんも脱出したところで、私が、まぁ、こんなもので済むのなら・・・・ということで、3000円くらい(相場の10倍)を支払って、何とか危機を脱しました。

私が、待ち合わせの前に、ホテルの周りをうろうろしていたのが、幸いし、すぐに、ホテルを見つけることが出来て、ホテルでタクシーの電話番号と、プレート番号を伝えると、偽物だから、警察に言ってもわからないだろうと、つげもない反応・・・・・こんな国なんだろうから、命に関わらなかっただけラッキーと思うしないんでしょうね。

珍事 ③

Aさんが、翌日の半日ツアーを段取りしてくれたのですが、そのチケットを持ってくるというのに、中々、持ってこない・・・・・・私は、あやしいものだと思い、ブラブラとドンコイ通りをうろついていると、骨董店を発見!

私の今回の目的は、安南焼の骨董品と、香木を買うことでしたが、偶然に、安南焼の骨董品を発見!ラッキー!!!(「ベトナム・ホーチミンで安南焼の合子をゲット!」参照)

CIMG1224.jpg

そうこうしているうちに、Aさんは、手配したエージェントを諦め、別のエージェントをアレンジしたので、夕食へ行きましょうということ・・・・・

やっぱり、あやしかったか・・・・・(笑)

珍事 ④

我々の目的の1つに、「フランス料理をいただく」というのがありました。M商事のSさんから教えていただいたフランス料理屋へ、その晩向かったのですが・・・・・・

まず、タクシーで痛い目に会っていますから、ホテルで信頼のおけるタクシーを頼んでいただいて、フランス料理店に向かったのですが、中々、見つからない・・・・・・・人影のない通りを行ったり、来たり、・・・・・・ええ~~~~またやられた????

結局、隠れ家的なフランス料理店で、客も少なく、サービスはよく、フォアグラもあったし、良かったのですが、こんなんで経営が成り立つの?という感じでした。

お店でタクシーを呼んでもらって、タクシーのプレートや車体をカメラに収めて、ホテルに向かうと、あっという間に到着。 ええ~~~こんなに近いところだったの????

珍事 ⑤

例のタクシーの一件で、さずがの私も、ナイトライフに一人で出かけることを躊躇い、Sさんに教えていただいていた、高級ナイトクラブの「シャガール」に行きそびれました。(涙)

気を取り戻して、翌日は、半日ツアーへ。ベトナムですから、ベトナム戦争に関するものが多く、顔からは想像できませんが、痛ましい戦争の記録に、Nさんが、気分を悪くして、早々にツアーを切り上げ、私の希望で、香木があるというお店に連れて行ってもらいました。

意外にも、私の求める香木がそこにあり、少々値は張りましたが、お気に入りの香木をゲット出来ました。日本では、かなり珍しいものですので、お宝にしたいと思っています。(「ベトナム・ホーチミンで沈香木をゲット!」参照)

CIMG1192.jpg

そして、昼食のため、ベトナム料理の老舗店へ行ったのですが、予約していたのに、何故か、「休業中」で、姉妹店へ連れていかれて、早速注文。

Aさんは、ベトナム春巻きが食べたいとおっしゃって、店員が薦める春巻きを頼んだのですが、残念ながら、希望のものとは違っており、再オーダー。ようやく意図していた春巻きが出てきて、よくもあんなに食べれるなと思うくらい、しっかりいただかれていました。(笑)

Nさんは、戦争記念館で気分が悪くなったにも関わらず、しっかり食べておられましたが、すぐに、トイレの方にいかれておりました。ぶふぁ~~~~!(笑)

珍事 ⑥

3日目は、3人とも、朝食にベトナムのフォーをいただき、ご満悦。経由地のシンガポールに戻り、シンガポール空港でのチェックインで、またトラブル。

まず、Aさんが乗客リストに載っていない・・・・・・・何故?????

長々と待たされ、ようやくボーディングカードを受け取り、搭乗へ・・・・・・

ブルネイからの到着も遅れて、乗客は、ややいらいらも、機内に入って、あら、びっくり・・・・

我々の座席番号がない! 

飛行機は、54列までなのに、我々の座席番号は、55列!!!!

Aさんの怒りは爆発! 私は、大笑いして、どうするんだろう?と見ていましたが、フライトアテンダントの男性が、日本語で、「ダイジョウブ!」と、Aさんの怒りを静めるのに大童!

結局、オーバーブッキングではなかったようで、前の列に連れて行かれて、まずは、一安心。

しかし・・・・

Aさんの悲劇は、ここで終らなかった・・・・・・

ブルネイ空港に着くと、予約していたタクシーが来ていない・・・・・・・

そこで、乗り合いタクシーにしようとすると、運転手が乗っていない・・・・・・・・

私の車で送りましょうか?という話になった頃、乗り合いタクシーの運転手のかなりご高齢のおじいちゃんが、よろよろと現れ、そのタクシーでお帰りになりました。

無地にたどり着くのだろうか?と心配でしたが、翌日は、ちゃんと勤務されていましたので、「なんとかなった」んでしょうね?(笑)

数々の珍事を生んだ、今回のブルネイ敬老会の珍道中でしたが、これに懲りたのかな?と思っていたら、後日、Aさんから、「今度は、アンコールワットでも行かない?」 おお~~~~! 懲りていなかったようですね。(爆)

文責(但し、責任は取りませんが・・・・(笑)) : 友重
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。